• アライメントスティックギア

    練習器具を使う効果について

    今日から東京オリンピックゴルフ競技【女子】が始まりました。男子に引き続き、熱戦を期待しましょう! さて、今回は練習器具を使って練習することの効果についてです。「アライメントスティックギア」を例にして解…

  • ヘッドスピードを活かす 理想の打ち出し角とは

    飛距離三要素というものを知っていますか? ボール初速(ボールスピード) スピン量(スピンレート) 打ち出し角(ランチアングル) この三つです。 ボール初速は速いほど飛距離が出ます。一方で、スピン量と打…

  • 形だけじゃない!?グリップの注意点

    多くのゴルファーにとってスイング中の「力み」は悩みの種ですよね。 そこで、その力みを解消するために必要なグリップのポイントについて解説します。 まず、アドレスしたグリップした時の形のチェックポイントと…

  • 「〇〇の位置を変えない」という意識はスムーズな動きを損なう恐れがある

    こんにちは、樽谷です。 台風が心配です。 時期的にはゴルフシーズンなので、台風が過ぎた後は多くのゴルファーが存分にゴルフを楽しめたらな、と思います。   さて、今回は、より良いスイングに向け…

  • ゴルフ アライメント

    コースではアライメント、特にスタンスの向きに目を向けましょう

    皆さんこんにちは、今日は暑くなく過ごしやすい気候です。 このまま暑さが落ち着いてくれれば良いのですが。   さて、今回のテーマはアライメント、つまり「肩」「肘」「スタンス(足)」などの向きに…

新着記事

ドライバー 飛距離を出すポイント

「飛距離は男のロマン」と昔はよく言われたものですが、女性にとっても飛距離はロマンですよね(^^♪ 飛距離を出すためには、下記3つのボールデータが高水準である必要があります。 その1:ボール初速(Ball Speed) その2:スピン量(Spin Late) その3:打ち出し角(Launch Angle)   では、この3つのボールデータを高水準にするためには、インパクト時クラブがどうなっ …

Read More »

アドレス時の手の位置

今回はアドレス時の手の位置についてです。 皆さんはアドレス時、どの位置に手をセットしていますか? 両足のちょうど真ん中ですか? 基準となるのは、『グリップエンドが左股関節の前』にくるように手をセットする、です。   理由1:『手が体の正面』は真ん中より左、である為 グリップは原則『右手が下・左手が上』になります。ということは、右肩が下がったアドレスが自然、ということになります。 右肩が下 …

Read More »

アプローチ時のスタンス幅

こんにちは、樽谷です。 今回はアプローチ時のスタンス幅についてです。 グリーン周りからのアプローチであるにも関わらず、アドレス時の足幅が広い人が多くいます。   20ヤード(以内)では、指二本分の足幅(両母指球幅)が基準になります。(40ヤードになると足1足半分の足幅が基準です)   【足幅を広げず、指二本分にする理由】 理由1:股関節の可動域が最も広がる為 足幅が広いと安定感 …

Read More »

パターの理想のロフト角

今回は大本が担当します。 ご自分に合うパターを探すときに実は盲点になるのが ロフト角です。形状や重さ、長さ、バランスなど考える方は 多いのですが、「ロフト角が何度が良いか?」 という質問はあまり受けたことがありません。 なぜロフトが必要なのでしょうか? 質問すると以下の内容の話をよく聞きます。 ・ハンドファーストが意識できる。 ・左サイドの意識が作りやすい。 ・パターにロフトがあるのを知らなかった …

Read More »

アドレス時のフェースクローズが与える影響

こんにちは、今回は前回の続きです。 前回は『アドレス時のフェースの向き』についてでした。 前回のブログ↓↓ アドレス時のフェースの向き 今回はアドレス時のフェースがクローズだった場合、どういう結果を招くか、又は、スイングにどういう影響を与えるか、を、解説したいと思います。 【結果的影響】 ●左に飛ぶ 当然左にフェースが向いてる訳ですから左に飛びやすくなります。 ●球が上がらない フェースを左に向け …

Read More »

高麗グリーン攻略

今回は大本が担当します。 今週の女子ツアーはフジサンケイレディスクラシックです。 名門、川奈での戦いとなります。 火曜日に、小林咲里奈プロのスイングチェックに行って 来ましたが、嵐の後でカジュアルが多く、芝の状態も 芝つきの良いホールと悪いホールの差があり、 ティーショットの落とし場所を考えないとセカンドが打ちづらい ホールが数ホールありました。   今回の勝負はなんといっても高麗グリー …

Read More »

ゴルフトゥデイ

今回は大本が担当します。 マスターズウィークですね。 1年の中でも、朝早く起きるのが楽しい4日間です。 3日目の時点で松山選手は4オーバーの28位タイと なっておりますが、最終日の巻き返しに期待したいです。 上位陣は、接戦ですので、どの選手が優勝するか楽しみですね。 個人的にはガルシアを応援しています(^0^) ゴルフトゥデイの5月号とムック本、「超一流プロの絶対曲げないレッスン」の 松山選手の「 …

Read More »

パッティング練習器

今回は大本が担当します。 いよいよゴルフシーズン到来ですね。 パットラボに面白い練習器具を導入しました。 TRUE PENDULUM MOTIONというものです。     写真のように両脇に挟み前腕に乗せるようにして 構えます。 一般的に手首を使ってしまう方に 手首をロックしてストロークしましょうというレッスンを 見かけますが、動きが硬くなってしまい感覚が出しづらく なります。 …

Read More »

EVNROLLパター

今回は大本が担当します。 パットラボで新しいパターを導入しました。 ゲーリンライフ氏デザインのEVN ROLLパターです。 面白いコンセプトのパターで、芯に当たっても 外しても距離と方向のロスが少なくなるようです。 仕組みは、芯に近いほどフェース面の溝の幅が広く、 芯から外れるほど溝の幅が狭く設計してあります。 結果として芯に当たると接地面積が少なくなるので、 ボールが飛ばず、芯を外すと接地面積が …

Read More »

アドレス時のフェースの向き

こんにちは、3回目の東京マラソンを走り終え、「次は横浜かな」なんてたくらんでいる樽谷です。 さて、今回はアドレス時のフェースの向きです。 フェースの向きをスクエア(まっすぐ)に構える事は以外に難しいです。 オープン(右向き)やクローズ(左向き)になってしまいやすいのです。 最初はスクエアに構えられていても、ボールの飛び方などによって知らず知らずの内にオープンやクローズになりやすいのです。 では、ウ …

Read More »