Home » ゴルフレッスン » アドレスと腰椎、胸椎

アドレスと腰椎、胸椎

こんにちは、暑くなってきましたね。コースに出るときは熱中症対策をお忘れなきように!

さて、今回のタイトルは「アドレスと腰椎、胸椎」です。アドレスのバランスの良し悪しと腰椎、胸椎の回旋を絡めて述べたいと思います。

腰椎とは背骨の下部あたりにあります。胸椎は背骨の中部あたりにあります。

まず下にあるAとB、2つの写真を見て下さい。(2つとも左手でクラブを杖代わりに持ち、右手を後頭部に当てています)

【A:背中から腰にかけて丸みのない状態】

【B:背中から腰にかけて丸めた状態】

次に、AとBそれぞれの状態から、目線を下に向けたまま右肘を持ち上げ、胸椎を回旋させた時の写真を見てください。

【A:背中から腰にかけてに丸みのない状態からの胸椎回旋】

【B:背中から腰にかけて丸めた状態からの胸椎回旋】

Aの方が大きく胸椎が回旋され、Bの方が胸椎の回旋が小さい事が分かりますか?皆さんも試していただくとよりはっきりと分かると思います。

これは、背中の丸みが大きいと「腰椎」がロックされ「胸椎」の回旋度が小さくなってしまう事が原因で差が出ます。

腰椎の回旋の目安は意外に小さく「5度」と言われていますが、その5度すらも使えないのです。

よって「スイング中のスムーズな体の回転」を得る為には「十分な胸椎の回旋が得られるアドレス(構え)」が重要になります。

上達するためにはチェックし続けたいポイントです。

補足として、「胸椎のストレッチ」に焦点を絞る場合、「あえて背中から腰にかけてを丸めてストレッチ」というのもアリです。

丸みを作ってからの~

右肘持ち上げ胸椎回旋!!

「え?動いた?」と違いが分かりにくいかもしれませんが、本人一生懸命です。胸椎にかなり刺激がいっています(笑)

腰椎の回旋を最大限生かせる状態にした上で、胸椎の回旋を大きくできれば、より「ダイナミック」と「バランス」を高いレベルで両立できることになりますからね。

 

ヴィクトリアゴルフスクール五反田店ではゴルフの技術的指導だけでなく、体に焦点を当てた「ボディコンディショニング」もカリキュラムとしてあります。

提携しているトレーニングスタジオ所属のパーソナルトレーナーが、当スクールで、理想的なスイングができる体づくりをさせて頂きます。

皆様のお越しをお待ちしています。

投稿したコーチ taru

taru
【レッスン施設】ヴィクトリアゴルフスクール五反田店【ライセンス】日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・コーチ級トレーナー資格【得意クラブ】SW【好きなゴルフ場】霞ヶ関カンツリー

Check Also

獲得するべき動きを定めてとことんフォーカス!

「フェースのセンターにボールを …

カウンターコントロール

今回は大本が担当します。 通常 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください