Home » ゴルフレッスン » ゴルフスイング

ゴルフスイング

スポーツラボインストラクター陣がアドレスやスイングプレーン、バックスイング、フィニッシュなどゴルフスイングに関する投稿です。

左腕の伸び・左肩の下の筋肉(広背筋)の伸びについて

ツアープロ達のバックスイングでピンと伸びた左腕、かっこいいですよね。 バックスイングで、左腕がピンッと伸びた状態で左肩を深く回した時「左肩の下の筋肉(広背筋)が張ってパワーが溜まって力強くダウンスイング」できそうですよね。   さらには、下半身(腰)を固定して、左肩を回すと、よりパワーが溜まる感じがするのではないでしょうか。   しかし! 「バックスイングで意図的に左肘をピンッ …

Read More »

胴体の動きについて

最近白髪が目立ってきた樽谷です。M字風に生え際が怪しくもなってきております。 加齢にあらがわず”ちょい悪おやじ”ビジュアルを目指したいと思います!   さて、今回は『胴体の動きについて』です。『体を回す』ことを分解して述べたいと思います。 体を回すことを意識したり、体を回すようにまわりから言われたりしているゴルファーは多いのではないでしょうか。   前回は『腕の動きについて』で …

Read More »

腕の動きについて

「ゴルフスイングは身体を前(ボール側)に向けたまま、腕を横に振ってボールを打つ」というイメージを持っているごゴルファーは多いのではないでしょうか。 腕の動きについては基本的には2つの動作で成り立たせるイメージを持つことをおすすめします。『肩を支点とした腕全体の縦の動き』『前腕(肘先)の回旋』です。 肩を支点とした腕全体の縦の動き 腕を身体の正面で縦(上下)に使うイメージを持つことで、手が体の正面か …

Read More »

ゴルフスイングの身体運動セミナー

今回は大本が担当します。 先日、高野裕正さんにお願いしてGPC恵比寿で 第1回身体運動勉強会をおこないました。 高野さんは、運動学のプロフェショナルとして、 メディカル、フィットネストレーナー、そしてスイングコーチ として、ゴルファーを身体や怪我、技術面から総合的にサポート している方です。 私自身グラビティーメソッドという重心を中心にした理論を 提唱していますので、手先やクラブなどの末端部を意識 …

Read More »

獲得するべき動きを定めてとことんフォーカス!

「フェースのセンターにボールを当てる」「力んで手打ちにならない」「ヘッドアップしない」などなど、結果に焦点を当てすぎたり、動きに制限をかける事を意識し過ぎた状態で練習すると、うまくスイングを構築していくことが難しくなってしまいます。 でも、「気にしてはいけないことも、気になってしまうものはしょうがない」ですよね。 「身体の〇〇を△△ように動かそう」と体のどこかに焦点を当てて練習できると、バランスの …

Read More »

イメージ脳の構築(ターゲット)

今回は大本が担当します。   前回説明したように、バランス良くアドレスしても 始動時から意識が強くなってしまうとバランスが崩れてしまいます。 いかにイメージ脳を作れるかでスイングは決まります。 ルティーンの手順からつなげてイメージできるようにしてください。   その中でも、今回は目標に向けてイメージを作る方法を説明をします。   ・ターゲットイメージの作り方 後方から …

Read More »

イメージ通りにフィニッシュを取る為にはバックスイングもチェック!

こんにちは!好きな言葉は「無事是名馬」樽谷です。(おじいちゃんか!) さて、今回はフォロースルーからフィニッシュにかけてについてです。 「左脚でバランスがとれたカッコよいフィニッシュをとりたい」だけど「右に重心が残ったり、前側にバランスを崩してしまう」人は多いのではないでしょうか。 そうなった時、「もっと左へダイナミックに体重を移動」とか「左脚で踏ん張りきる」といったことを考えるだけでなく、バック …

Read More »

右脳と左脳のコントロール

今回は大本が担当します。 グラビティーメソッドで3大要素で提唱しているのが次の3つです。 1、バランス脳の構築 →バランスでスイング軌道が決まる。 2、イメージ脳の構築 →過剰な意識が入るとバランスが崩れる。動きが硬くなる。 3、パッティング脳の連動 →パッティングからドライバーまで神経の連動は同じ。視覚、聴覚、体感覚のコントロールが大切。 以前にバランス脳の構築をするために前傾しないアドレスを説 …

Read More »

関節交互の法則

今回は大本が担当します。 昔から腕の形は、三角形が良いといわれますが、 本当にそうでしょうか? 左下の写真のように関節は交互に動く仕組みに なっています。 肘を伸ばしてしまうと、自然に手首と肩関節が 動き過ぎてしまい、手首でこねたり、手上げの原因に 繋がります。スムーズに動きずらくなり、再現性が少なくなって しまいます。 特にパッティングでは右下のように腕にゆとりを 作ることで手関節と肩関節がロッ …

Read More »

前傾しないアドレスを目指す!

  今回は大本が担当します。 グラビティメソッドで重要なバランス良くセットアップ するために、どのようにすれば良いかを説明していきます。     まずは、写真のように土踏まずバランスでつま先と 踵の重心配分を50:50にします。 肩甲骨と仙骨が地面に垂直になるイメージです。 バランスディスクに乗ってチェックするとイメージが しやすいかと思います。   &nb …

Read More »