Home » 大本 研太郎

大本 研太郎

大本 研太郎
株式会社スポーツラボ代表/ 日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・マスター級トレーナー資格/ 担当 GPC恵比寿:月水木土日/スポーツコミュニティー市川浦安ゴルフスクール:火曜日、金曜日

ゴルフスイングの身体運動セミナー

今回は大本が担当します。 先日、高野裕正さんにお願いしてGPC恵比寿で 第1回身体運動勉強会をおこないました。 高野さんは、運動学のプロフェショナルとして、 メディカル、フィットネストレーナー、そしてスイングコーチ として、ゴルファーを身体や怪我、技術面から総合的にサポート している方です。 私自身グラビティーメソッドという重心を中心にした理論を 提唱していますので、手先やクラブなどの末端部を意識 …

Read More »

イメージ脳の構築(ターゲット)

今回は大本が担当します。   前回説明したように、バランス良くアドレスしても 始動時から意識が強くなってしまうとバランスが崩れてしまいます。 いかにイメージ脳を作れるかでスイングは決まります。 ルティーンの手順からつなげてイメージできるようにしてください。   その中でも、今回は目標に向けてイメージを作る方法を説明をします。   ・ターゲットイメージの作り方 後方から …

Read More »

右脳と左脳のコントロール

今回は大本が担当します。 グラビティーメソッドで3大要素で提唱しているのが次の3つです。 1、バランス脳の構築 →バランスでスイング軌道が決まる。 2、イメージ脳の構築 →過剰な意識が入るとバランスが崩れる。動きが硬くなる。 3、パッティング脳の連動 →パッティングからドライバーまで神経の連動は同じ。視覚、聴覚、体感覚のコントロールが大切。 以前にバランス脳の構築をするために前傾しないアドレスを説 …

Read More »

パターのインサート

今回は大本が担当します。 先日の月刊ゴルフダイジェストで掲載された EXO(エクソー)の試打インプレッションを 担当させていただきました。         今回の特性はホワイトホットの柔らかさとオーワークスの マイクロヒンジインサートが合わせ持った特性となっており、 ボールが食いつく感覚がありました。 直進性も増しているイメージでした。 いろいろと考えますね …

Read More »

全米オープン

今回は、大本が担当します。 全米オープンが始まり寝不足の週が始まりました! 今回の会場はシネコック・ヒルズ。グリーンのセッティングが難しく、 いろいろな問題が出てきています。   全米ゴルフ協会のマイク・デービス氏は、 「想定以上に午後の風が強くなってしまったのが原因」と述べていた ようですが、 3日目は特に午前と午後スタートの差がかなり出てしまいました。 個人的な見解ですが、 下りのパ …

Read More »

カウンターコントロール

今回は大本が担当します。 通常スイングは右から左に動くと言われますが、 本当にプロはその動きをイメージしているでしょうか? 右から左に動くと体の縦回転が強くなりスウェイして しまいます。スウェイしないスイングを目指すには、 重心のカウンターバランスが必要になります。 ショットはクラブと体の回転エネルギーに 引っ張られる力と拮抗させることでバランスが安定します。     写真のように真上か …

Read More »

関節交互の法則

今回は大本が担当します。 昔から腕の形は、三角形が良いといわれますが、 本当にそうでしょうか? 左下の写真のように関節は交互に動く仕組みに なっています。 肘を伸ばしてしまうと、自然に手首と肩関節が 動き過ぎてしまい、手首でこねたり、手上げの原因に 繋がります。スムーズに動きずらくなり、再現性が少なくなって しまいます。 特にパッティングでは右下のように腕にゆとりを 作ることで手関節と肩関節がロッ …

Read More »

前傾しないアドレスを目指す!

  今回は大本が担当します。 グラビティメソッドで重要なバランス良くセットアップ するために、どのようにすれば良いかを説明していきます。     まずは、写真のように土踏まずバランスでつま先と 踵の重心配分を50:50にします。 肩甲骨と仙骨が地面に垂直になるイメージです。 バランスディスクに乗ってチェックするとイメージが しやすいかと思います。   &nb …

Read More »

グラビティメソッド

今回は大本が担当します。 「2018PGAティーチングプロアワード」の最優秀賞を決める最終選考会が先月24日に、 「ジャパンゴルフフェア」会場で行われました。 その中で最優秀賞をいただきました!! 内容は「グラビティメソッド~重心が変われば、スイングが変わる~」という理論です。 最優秀賞の選考方法は、2018PGAティーチングプロアワードの 最終選考に残った3名のプレゼンテーションを行い プロゴル …

Read More »

パッティング距離感

今回は大本が担当します。 全米オープン盛り上がりましたね。 松山選手の2日目、4日目の内容は、 神ががっていました。近々メジャーの優勝が見えてきました。 以前雑誌で松山選手のパッティングの 距離感は音で作るという内容の企画を担当させていただいたこと があります。天才的な表現ですね~ 距離感はどのようにコントロールすれば良いでしょうか? 距離感=振り幅と言われがちですが、 ほんとうにそうでしょうか。 …

Read More »