• アプローチ時のスタンス幅

    こんにちは、樽谷です。 今回はアプローチ時のスタンス幅についてです。 グリーン周りからのアプローチであるにも関わらず、アドレス時の足幅が広い人が多くいます。   20ヤード(以内)では、指二…

  • パターの理想のロフト角

    今回は大本が担当します。 ご自分に合うパターを探すときに実は盲点になるのが ロフト角です。形状や重さ、長さ、バランスなど考える方は 多いのですが、「ロフト角が何度が良いか?」 という質問はあまり受けた…

  • アドレス時のフェースクローズが与える影響

    こんにちは、今回は前回の続きです。 前回は『アドレス時のフェースの向き』についてでした。 前回のブログ↓↓ アドレス時のフェースの向き 今回はアドレス時のフェースがクローズだった場合、どういう結果を招…

  • 高麗グリーン攻略

    今回は大本が担当します。 今週の女子ツアーはフジサンケイレディスクラシックです。 名門、川奈での戦いとなります。 火曜日に、小林咲里奈プロのスイングチェックに行って 来ましたが、嵐の後でカジュアルが多…

  • ゴルフトゥデイ

    今回は大本が担当します。 マスターズウィークですね。 1年の中でも、朝早く起きるのが楽しい4日間です。 3日目の時点で松山選手は4オーバーの28位タイと なっておりますが、最終日の巻き返しに期待したい…

新着記事

ギュギュッ!憧れのスピンをかける

こんにちは、今回は樽谷が担当させて頂きます。   さて、今回はウェッジショットでの『スピン』についてです。プロのトーナメントが始まり、TV中継を見てはプロの飛距離だけでなく、グリーン上でバウンドしたボールがギュギュッと『スピン』で止まる、又は『バックスピン』で戻るショットに憧れている方もいるのではないでしょうか。 では、どうしたらスピンをかけられるのでしょうか。   スピンはイ …

Read More »

強気orジャストタッチ、、、どちらが正解!?

皆さん、こんにちは。 土居が担当させていただきます。   今回のテーマは 「パッティングのタッチ」 についてです。     皆さんはカップをオーバーする「強気のタッチ」でラインを読みますか? それともカップで丁度ボールが止まる「ジャストタッチ」派ですか?   双方に利点、根拠がありますよね。   強気に攻めた方が直線的に狙えるからカップインの確率が …

Read More »

練習前の準備

こんにちは、ゴルフシーズン、そして桜の季節がやってきましたね(^^)カメラを手にコースへと向かう方もいらっしゃるのではないでしょうか。さて、今回は『練習前の準備』についてコメントさせて頂きます。   皆さんは練習前にはどういった準備をしていますか?『意識』と『体』の準備を整えて練習に臨めていますか?『意識』は『どういうポイントをテーマに練習するか』ですが、これは簡単なようで結構難しいもの …

Read More »

B2タイプ  リッキーファウラーのスイング大改造 part1

    本日はPGA選手スイングマニアのフジモンがブログを担当します。 PGAの選手は個性豊かな選手が多いのでスイング分析が楽しくなります。 以前のブログでアメリカのリッキーファウラー選手が昨年大幅なスイング改造をし、大活躍をしたというお話しをさせていただきましたが、 今回は具体的にどう変わったのかを、2回に亘って解説していきたいと思います。みなさんも是非参考にして下さい。 以 …

Read More »

タイガーウッズスイング改造2015 Part2

今回はフジモンがブログを担当します。 久しぶりの更新にはなりましたが、前々回のフジモンブログはご覧いただきましたでしょうか? アクセス数が多かったタイガーウッズスイング改造ネタでしたが、 好評につき、今回はタイガーウッズスイング改造Part2としてお届けしたいと思います。 前回ではスイング後方からの解説をしましたが、 今回は正面から見た視点で、タイガーが以前のショーンフォーリーから現在のコーチ、ク …

Read More »

パターの練習方法~ストローク~

みなさん、パターの練習方法は間違ってませんか? 早速ですが問題です! 良い打ち方としてストロークの大きさ(3メートルの距離)ではどちらが良いのか。2択でどちらが良いのか考えてみてください。 ①大きいストロークで、ゆっくり丁寧にストロークする ②小さいストロークで、テンポ良くストロークする さてどちらがよいでしょうか??? 正解は↓↓↓↓↓↓ 2番です!! それは何故かというと大きいストロークではテ …

Read More »

ネックの形状

今回は花粉症に、やられつつある大本が担当します。 パターのネックを気にしたことはあるでしょうか? ネックの形状を変えるだけでもボールのつかまりは変わります。 クランクネックになるほどボールがつかまりやすくなり、 ストレートネックになるほどボールはつかまりづらくなります。 オフセットが強くなるだけでもクラブ自体がハンドファースト状態を 作ってくれるので、打ち出し角が低くなり、強い球が出やすくなるとい …

Read More »

ジュニア期のクラブ選び

こんにちは、今回は樽谷が担当させて頂きます。 3月になり少し暖かくなってきましたね。4月からは新年度が始まり、子供達は学年が変わる事はもちろん、幼稚園生から小学生になったり、小学生から中学生になってクラブ活動が始まるなど、環境が大きく変わる季節でもあります。そんな中で新たにゴルフを始めようと思っている子供や子供にゴルフを始めさせようと考えている親御さんも多いのではないでしょうか。そこで今回は『ジュ …

Read More »

スライス回転について

こんにちは、今回は樽谷が担当します。 「より遠くへボールを飛ばしたい」と望んでいる人は多いと思います。 そして、スライス(左から右に曲がる)回転が直らず「ドロー(右から左に曲がる)回転で飛距離アップしたい」 と望んでいる人も多いと思います。 今回はドローとスライスの違についてお伝えします。   ドローの方が飛距離が出やすいですが、それはドローが飛距離が出るボールの回転という事ではありませ …

Read More »

世界で戦える選手とは

こんにちは!今回はソニーオープンの興奮さめやらぬ 大本が担当します。 フェイスブックでもアップしましたが、ソニーオープンの感想を含めて 日本選手がどのようにすれば世界で通用できるか、考えてみました。   世界で戦える選手は高いボールが打てないと通用しない時代です。 各選手ハイボールで攻めていきます。 なぜかというと、もちろん高弾道低スピンの球はボールが飛ぶということも あるのですが、海外 …

Read More »