Home » ゴルフレッスン » ゴルフスイング » ドライバー アドレスの注意点

ドライバー アドレスの注意点

今回はドライバーショット時のアドレスについて、よくあるエラーを交えて説明したいと思います。

ドライバー時のボール位置は、『左足かかと内側の延長線上』が基準になります。そして、ボールの位置が変わっても、両肩と両肘のラインは飛球線と平行(スクエア)に構える必要があります。

 

 

■ドライバーショットでは肩肘ラインが左を向きやすい

ミドルアイアンの時に比べ、かなり左足寄りになります。そこで注意したいのが、両肩と両肘のラインです。

左にあるボールと上体が正対してしまいやすく、肩肘ラインが左を向いたアドレスになりやすいのです。

 

 

■肩肘ラインが左を向くとどうなるか

・バックスイングで体が回りにくくなるので右腰が右に流れやすくなる

・振り遅れやすくなる

・アウトサイドインの軌道になりやすくなる

挙げればキリがないのですが、これらが考えられます。どれも『回避したいランキング』上位のものばかりですよね!?

 

■左に向きにくいセットアップルーティーン

おすすめのセットアップルーティーンを紹介します。

右肘を脇腹につけた状態で固め(右肘は曲がります)、右手1本でクラブをセットするところから始めます。

↓↓

ポスチャーを決めます。この時、まだ右手一本でクラブを持ち、右肘は脇腹につけたままです。

↓↓

最後に左手をグリップしします。

 

※ミドルアイアンの時に比べ、背骨の傾きが大きくなりますがそれが自然な状態です。

 

ポイントは、『ボール中心でアドレスする』のではなく、『自分の体中心でアドレスする』ことです。

つまり、ボールに対して構えようとせず、自分の構えにボール位置を合わせるイメージを持つことが大切です。

 

ミート率向上の為にも、飛距離アップのためにも、抑えておきたいポイントです。

投稿したコーチ taru

taru
【レッスン施設】ヴィクトリアゴルフスクール五反田店【ライセンス】日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・コーチ級トレーナー資格【得意クラブ】SW【好きなゴルフ場】霞ヶ関カンツリー

Check Also

ゴルフスイングの身体運動セミナー

今回は大本が担当します。 先日 …

獲得するべき動きを定めてとことんフォーカス!

「フェースのセンターにボールを …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください