Home » ゴルフレッスン » ゴルフスイング » 腕の動きについて

腕の動きについて

「ゴルフスイングは身体を前(ボール側)に向けたまま、腕をに振ってボールを打つ」というイメージを持っているごゴルファーは多いのではないでしょうか。

腕の動きについては基本的には2つの動作で成り立たせるイメージを持つことをおすすめします。『肩を支点とした腕全体のの動き』『前腕(肘先)の回旋』です。

肩を支点とした腕全体の縦の動き

腕を身体の正面で(上下)に使うイメージを持つことで、手が体の正面から外れにくくなります。(トップオブスイングやフィニッシュでは、結果的には、クラブの遠心力によって身体の正面から手がはずれます)

『腕をに振る』というイメージは、基本的には避けた方が良いイメージです。

体幹の向きに対して腕をに振る、ということは、体の正面から手をはずす、ことに繋がります。スイング中、身体の正面から手をはずしてしまうと、安定してクラブを支えられず、クラブの動きやフェースの向きが不安定になってしまいます。

重たいものを持つ時、身体の正面で持ちますよね!?

ゴルフでも『手は身体の正面』でスイング中のクラブの動きの安定感を獲得しましょう。

ダウンスイングでの前腕(肘先)の回旋

左前腕の回外、右前腕の回内動作です。

ダウンスイングでは体幹の回旋や重心の移動と合わせて、この動作が入ることで、良いタイミングで左右の手が、左右入れ替わり、クラブヘッドが横に走ります。

「腕を横に振る」イメージを持って良いゴルファー

次の内どれかに当てはまるゴルファーは腕をに振るイメージよりも、に動かすイメージを持った方が良いでしょう。

  • インパクトで手元が浮く
  • インパクトで左手首が甲側に折れる
  • フォロースルーで左肘が引ける

逆に、どれにも当てはまらないゴルファーは、腕のの動きや、前腕の回旋動作が自然とできている段階だと思うので、腕をに振るイメージを持っても良いでしょう。

 

最適なイメージ作りはゴルファーそれぞれです。

良いイメージ下で練習に取り組みましょう!そして、今年の目標達成へ突き進みましょう!

 

 

投稿したコーチ taru

taru
【レッスン施設】ヴィクトリアゴルフスクール五反田店【ライセンス】日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・コーチ級トレーナー資格【得意クラブ】SW【好きなゴルフ場】霞ヶ関カンツリー

Check Also

ゴルフスイングの身体運動セミナー

今回は大本が担当します。 先日 …

イメージ脳の構築(ターゲット)

今回は大本が担当します。 &n …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください