Home » ゴルフレッスン » ゴルフスイング » 右脳と左脳のコントロール

右脳と左脳のコントロール

今回は大本が担当します。

グラビティーメソッドで3大要素で提唱しているのが次の3つです。

1、バランス脳の構築
→バランスでスイング軌道が決まる。

2、イメージ脳の構築
→過剰な意識が入るとバランスが崩れる。動きが硬くなる。

3、パッティング脳の連動
→パッティングからドライバーまで神経の連動は同じ。視覚、聴覚、体感覚のコントロールが大切。

以前にバランス脳の構築をするために前傾しないアドレスを説明しました。

https://sportslab.co.jp/blog/golflesson/golfswing/%E5%89%8D%E5%82%BE%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%92%E7%9B%AE%E6%8C%87%E3%81%99%EF%BC%81/

今回は2のイメージ脳の構築を説明します。

バランス良くアドレスしても始動時から意識が強くなって

しまうとバランスが崩れてしまいます。

いかにイメージ脳を作れるかでスイングは決まってしまいます。

以下の7項目に分けて考えていきます。

 

【イメージを7つに分ける】

①目標

→ターゲットイメージの作り方

②ボール

→弾道、インパクトゾーン

③バランス

→アドレス フィニッシュ時

④スイング

→体幹、足の踏み圧

⑤クラブ

→大きいクラブをイメージする

⑥音

→インパクト音、スイング中の擬音、リズム

⑦感触

→ボールの感触、地面に届く感触、グリップの感触

 

 

意識は左脳、イメージは右脳。潜在意識のコントロールが大切です。

ナイスショットで満足する練習ではなく、意識をイメージ化する練習が理想です。

次回からこの7つのイメージを詳しく説明していきます。

投稿したコーチ 大本 研太郎

大本 研太郎
株式会社スポーツラボ代表/ 日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・マスター級トレーナー資格/ 担当 GPC恵比寿:月水木土日/スポーツコミュニティー市川浦安ゴルフスクール:火曜日、金曜日

Check Also

左腕の伸び・左肩の下の筋肉(広背筋)の伸びについて

ツアープロ達のバックスイングで …

胴体の動きについて

最近白髪が目立ってきた樽谷です …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください