Home » ゴルフレッスン » アプローチ » バンカーショットはボールの手前を打つ?

バンカーショットはボールの手前を打つ?

今回はバンカーショットについてです。バンカーショットでは「ボールの手前数センチのところを打つ」という意識を持つことが一般的な認識だと思います。ですが、バンカーが苦手な人は「いい感じのところにヘッドが入る時でもイメージ通りのバンカーショットが打てない」と感じることもあるのではないでしょうか。

バンカーショット時の一般的な傾向

バンカーが苦手な人で多いパターンが、「ヘッドが砂の中深くに入りすぎてヘッドが抜けない。バンカーから出るには出ても飛距離が出ない。飛距離を出そうと砂を薄くとろうとするとホームラン」というパターンです。

ヘッドが深く入りすぎるのは、必ずしもヘッドが手前から入りすぎているわけではありません。理想的なところにヘッドが入っても、急角度で入りすぎてしまうと”ヘッドが抜けない””距離が出ない”となるのです。

 

『砂にヘッドが入るところ』だけでなく『砂からヘッドが出るところ』も意識しましょう

ヘッドが入るところだけでなく、ボールの飛球線側数センチのところからヘッドが出るイメージも持ちましょう。砂をとる量はボールを中心に左右対称が理想的です。『ボールの真下を打つ』というイメージを持つことも左右対称の砂をとることに繋がりますので効果的です。

このイメージを持つことで、ヘッドの入射角が適正になり、イメージ通りの距離が出るバンカーショットになっていきます。

「バンカーから出ない」からといってより砂を爆発させようと、力まないように気をつけましょう。

 

 

 

投稿したコーチ taru

taru
【レッスン施設】ヴィクトリアゴルフスクール五反田店【ライセンス】日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・コーチ級トレーナー資格【得意クラブ】SW【好きなゴルフ場】霞ヶ関カンツリー

Check Also

バンカーショットは特殊なショットではない!?

今回もバンカーショットについて …

アプローチ時のスタンス幅

こんにちは、樽谷です。 今回は …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください