Home » ゴルフレッスン » パッティングレッスン » パッティング診断!

パッティング診断!

皆さん、こんにちは!

今回は長尺パター愛好家のA2土居が

パッティングスキルの 診断方法を提案したいと思います。

 

 

 

 

あなたはパッティングが得意ですか?不得意ですか?

 

この診断方法として一般的によく用いられる方法に、

1ラウンドの総パッティング数がありますね。

pgaプロの平均が29パット、 アベレージ90プレイヤーの平均が33パット強です。

 

 

 

しかし、この診断方法にはいくつか問題点があります。

例えば、ショートゲームがカップ近くに寄った為に パッティング数が少なくなったり、

グリーンの大きいコースではカップから遠い所に乗ることが 増える為に、

パッティング数が増える傾向にあります。

すなわち、純粋なパッティングスキルが数値化されていないのです。

 

 

 

 

そこで提案したいのが距離別の診断方法です。

参考データになります。

 

①1.5mの1パット確率 90プレイヤー50%  pgaプロ77%

②3mの1パット確率 90プレイヤー20%  pgaプロ40%

③12mの3パット確率 90プレーヤー30%        pgaプロ10%

 

 

もし、アベレージ90の方はこの確率を下回っている ようでしたら、

パッティングを不得意にしていることになります。

 

 

 

この診断方法ですと、ショートゲームの出来、不出来や

グリーンの大きさなどに左右されることなく、診断することができます。

さあ、自分のパッティングスキルを正確に調べてみましょう!

投稿したコーチ Doi

Doi
【ライセンス】PGA公認ティーチングプロ、コーチ級レッシュトレーナー 【レッスン施設】スポーツコミュニティー市川浦安ゴルフスクール 【得意クラブ】58°【好きなゴルフ場】Jゴルフ霞ヶ浦【4スタンス理論タイプ】A2

Check Also

イメージ脳の構築(ターゲット)

今回は大本が担当します。 &n …

パッティング距離感

今回は大本が担当します。 全米 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください