Home » ゴルフレッスン » パッティングレッスン » パッティングのリズムとテンポ

パッティングのリズムとテンポ

 

今回は、週一は焼肉を食べたい肉食のB1タイプ大本が担当します。

パッティングのリズム、テンポはショットよりも重要です。

インパクトのフェース面が一定で、リズムテンポが一定であれば、

右、まっすぐ、左の、どの方向いくかは分かりませんが、

同じ方向へボールは転がります。

あとはアドレス時のフェースの向き、ポスチャーをそろえて

スクエアにインパクトできればボールは真っ直ぐころがります。

パターがうまい方はそれが自然にできているということになりますね。

 

次に振り幅が一定でリズム、テンポがそろっていれば、

距離感が合います。距離感調整がうまい方は同じ距離で一定の振り幅

で何球も打つことができます。

 

結論からいうと、方向、距離感を安定させるためには、リズム、テンポが

共通して必要不可欠ということになります。

 

バックストロークの速度の2.1~2.2倍の速度で

ダウンスイングしてインパクトを向かえると

最適なリズムで打てているということになります。

 

そこで登場するのが、Perfect Roll!!

IMG_20140730_155247

 

IMG_20140730_155311

音楽に合わせてストロークのリズムを作ります。

楽しく練習ができますね!

最適なテンポを見つけ出しましょう(^0^)

詳しくはGPC恵比寿まで!!

投稿したコーチ 大本 研太郎

大本 研太郎
株式会社スポーツラボ代表/ 日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・マスター級トレーナー資格/ 担当 GPC恵比寿:月水木土日/スポーツコミュニティー市川浦安ゴルフスクール:火曜日、金曜日

Check Also

パッティング距離感

今回は大本が担当します。 全米 …

パターの理想のロフト角

今回は大本が担当します。 ご自 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください