Home » ゴルフレッスン » パッティングレッスン » パターの理想の重さ

パターの理想の重さ

今回はスタジオの近くに引っ越しをする事にした

B1の大本が担当します。
自分に合うパターの第4弾は重さです。

重さと言っても、ヘッドの重量、シャフトの重量、

バランスなどいろいろあると思います。

クラブヘッドが重くなるほどボールの転がりは

良くなりますが、過剰になると距離感が合わせづらくなります。

IMG_20141009_194425
マレットなどのヘッドが重いパター

クラブヘッドが軽すぎると感覚を利用して打ちやすくなりますが、

感覚を利用して打ちやすくなります。

IMG_20141009_194439
ピンタイプ、L字タイプなどのヘッドが軽いパター

ショートしやすい人は重く、オーバーしやすい人は軽くするのも

良いでしょう。

グリップ側を重くすることでクラブヘッドの重量を調整するパターが

出てきています。(カウンターバランス)

IMG_20141009_194412
グリップ側に重量があるカウンターバランスパター

カウンターバランスが合う方はパームグリップで握りやすい人は

おすすめです。ストローク中肘が動きやすいからです。

適度なバランス、重さを調整することで最適な転がりを目指しましょう!!

詳しくはGPCでお待ちしています。

 

投稿したコーチ 大本 研太郎

大本 研太郎
株式会社スポーツラボ代表/ 日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・マスター級トレーナー資格/ 担当 GPC恵比寿:月水木土日/スポーツコミュニティー市川浦安ゴルフスクール:火曜日、金曜日

Check Also

パッティング距離感

今回は大本が担当します。 全米 …

パターの理想のロフト角

今回は大本が担当します。 ご自 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください