Home » ゴルフレッスン » パッティングレッスン » パターのシャフトの長さ

パターのシャフトの長さ

 

今回は合宿とコースレッスンで真っ黒になりつつある
B1の大本が担当します。

自分に合うパターの第3弾はシャフトの長さです。

一度おさらいしておきましょう。

①フェースアングル
②ライ角
③長さ
④重さ
⑤ロフト角
⑥ネックの形状
⑦構えやすさ(デザイン、形状)
⑧打感
⑨ウエイトバランス
⑩グリップ

以上の10項目がパター選びに必要なチェック項目です。

パターの長さ調整はライ角、目線のライン、適正な前傾角度にも

影響してきます。

長すぎる場合は手元がスムーズに動かしずらくなるか、

目線がボールの真上に合わせずらくなります。

IMG_20140924_180345IMG_20140924_180340

短すぎる場合は前傾角度が深くなり過ぎるか、

目線のラインがボールを追い越しやすくなります。

IMG_20140924_180006IMG_20140924_180051

 

ではチェック方法を説明していきます。

【手順】

1、股関節を意識して前傾する。

IMG_20140924_180357

 

2、猫背になっても良いのでボールの真上に目線が来るまでのぞきこむ。

IMG_20140924_180402

パッティング練習器具のミラーなどを使うと分かりやすいです。

3、腕にゆとりを意識して五角形のアドレスを作り、ライ角の微調整を行う。

この状態で合っている長さが適正の長さです。

20140910_143540_639-168x300

腕で作られる五角形、三角形、前傾角度によって長さが変わります。

最適な前傾角度、目線のラインを揃えたところで自分の適正の長さを

見つけ出しましょう。

 

 

 

 

投稿したコーチ 大本 研太郎

大本 研太郎
株式会社スポーツラボ代表/ 日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・マスター級トレーナー資格/ 担当 GPC恵比寿:月水木土日/スポーツコミュニティー市川浦安ゴルフスクール:火曜日、金曜日

Check Also

パッティング距離感

今回は大本が担当します。 全米 …

パターの理想のロフト角

今回は大本が担当します。 ご自 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください