Home » ゴルフレッスン » ゴルフスイング » 腕五角形はなぜ?

腕五角形はなぜ?

今回は5キロ減量を覚悟した大本が担当します。

1週間で体重の1%の減量を目指しています。

とりあえず2キロやせました(^0^)
やはり体重が増えてくるとショットのキレが悪くなりますね。
ご自分のベスト体重を見つけることも大切です!

今回も重心パッティングのススメに基づいて説明していきます。

IMG_1483

テーマはなぜパッティングは腕五角形がおすすめかということです。
一般的にパターは腕を五角形にしてと言われますが、
ちゃんとした理由があります。

関節は交互に動く仕組みになっています。

IMG_2051

肩関節、肘関節、手関節この順番で考えた時に

肘関節を伸ばしてしまうとロックしてしまうため、

肩関節、手関節が動いてしますのです。

すなわち肘をロックすると、手上げか手でこねる動き

が出てしまうということです。

これを無理に我慢すると股関節が流れてしまいます。

アドレスでは使う筋肉と安定させる筋肉を選別させる

ことが重要になります。

後は、その重心バランスを崩さないように打つだけ!!

これも関節のパターンを理解すると安定した

ストロークが作れるようになります。

詳しくは、動画と本誌をみてください(^0^)

https://book.mynavi.jp/golfbooks/movie/detail/id=50624

投稿したコーチ 大本 研太郎

株式会社スポーツラボ代表/ 日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・マスター級トレーナー資格/ 担当 GPC恵比寿:月水木土日/スポーツコミュニティー市川浦安ゴルフスクール:火曜日、金曜日

Check Also

ヘッドスピードを活かす 理想の打ち出し角とは

飛距離三要素というものを知って …

形だけじゃない!?グリップの注意点

多くのゴルファーにとってスイン …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください