Home » ゴルフレッスン » ゴルフスイング » ヘッドスピードを活かす 理想の打ち出し角とは

ヘッドスピードを活かす 理想の打ち出し角とは

飛距離三要素というものを知っていますか?

  1. ボール初速(ボールスピード)
  2. スピン量(スピンレート)
  3. 打ち出し角(ランチアングル)

この三つです。

ボール初速は速いほど飛距離が出ます。一方で、スピン量と打ち出し角は、条件により最適値が存在します。

飛距離アップを望んでいるゴルファーが三要素の中でまず着目すべきは、スピン量と打ち出し角の両立です。

多くのゴルファーは「飛距離アップ=ヘッドスピードアップ」と考えているのではないでしょうか。たしかに、ヘッドスピードが速くなればボールスピードが速くなりやすいので、飛距離が出やすくなります。

しかし、最初にヘッドスピードに焦点を当てると、スイング中の力みにつながるなどして、スイング軌道や打点が不安定がなりやすいです。それは、スピン量と打ち出し角の両立と安定を難しくします。

アイアンショットでの打ち出し角について、プロ指導者向けゴルフサイト「エビデンスゴルフ」に寄稿しましたのでご覧ください。ややかための内容になっていますが、是非、下記リンクよりどうぞ。

スクールにある、日本プロゴルフ協会公認の弾道測定器「SKY TRAK(スカイトラック)」で打ち出し角を測定できるので、チェックしましょう!

「競技ゴルファーは通常のショットとアプローチでの打ち出し角度が低い傾向にある(Evidence Golf)」

 

投稿したコーチ taru

taru
【レッスン施設】ヴィクトリアゴルフスクール五反田店【ライセンス】日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・コーチ級トレーナー資格【得意クラブ】SW【好きなゴルフ場】霞ヶ関カンツリー

Check Also

左腕の伸び・左肩の下の筋肉(広背筋)の伸びについて

ツアープロ達のバックスイングで …

胴体の動きについて

最近白髪が目立ってきた樽谷です …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください