Home » ゴルフレッスン » ゴルフスイング » フォロースルーでの左腕

フォロースルーでの左腕

こんにちは、今回は樽谷が担当させて頂きます。

寒くなってきましたね。体調管理にはご注意ください。

忘年会での飲みすぎにもご注意を(^.^)

 

さて、今回は『フォロースルーでの左腕』についてお伝えします。

皆様の中には『より力強いショット』を目指し、

キャプチャ

のような左腕の伸びたダイナミックなフォロースルーに憧れ、このスイングのイメージで

練習している方もいるのではないでしょうか。

しかし、これは事前のビジュアルイメージとして頭の中に描く姿としてはお薦めできません。

なぜなら、フェースが返りにくくなるなど、デメリットの方が大きくなりやすからです。

 

フォロースルーでの左腕は ↓↓ のように前腕をねじった結果として、自然に曲がっていく姿を

ビジュアルイメージとして持つと良いでしょう。

IMG_0392

このイメージの方が『より力強いショット』に繋がりやすいはずです。

 

無理に左腕を伸ばそうとするほど、球足は伸びづらくなるでしょう。

左腕の曲がり方の理解が深まるほど、球足は伸びやすくなるでしょう。

 

以上、『フォロースルーでの左腕』についてお伝えしました。

 

ではまたお目にかかります。

投稿したコーチ taru

taru
【レッスン施設】ヴィクトリアゴルフスクール五反田店【ライセンス】日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・コーチ級トレーナー資格【得意クラブ】SW【好きなゴルフ場】霞ヶ関カンツリー

Check Also

ゴルフスイングの身体運動セミナー

今回は大本が担当します。 先日 …

イメージ脳の構築(ターゲット)

今回は大本が担当します。 &n …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.