Home » ゴルフレッスン » ゴルフスイング » コンパクトスイングの効率性をつくる!!!

コンパクトスイングの効率性をつくる!!!

久しぶりのブログになります(汗)…

みなさん寒さが増してきましたがゴルフの調子はどうでしょうか??

ゴルフ場9 - コピー

1月2月はコンパクトスイング作りに徹底してみましょう!!

冬はどうしても体が硬くなり、服も着込むので大きなスイングだとタイミングが合わなくなります。

特に朝一番、午後一番ではミスショットが多くなる方も必見です!

 

 

冬場のショット練習では距離アップは敬遠し、まずは練習でショートスイング、ハーフスイングでショット精度をあげることに重点をおいてミート率と再現性をつくりましょう!

ポイント1  ショートスイングでアドレスチェック、グリップチェック

写真 1 (2)

ポイント2  ハーフスイングで力感チェック、目線チェック

写真 2 (2)

ポイント3  1球打つごとに素振りを必ずする→課題チェック

写真 3 (2)

毎回同じ動きというのは難しいですが良いスイングのベースになる癖を付けましょう!

コースや練習場に行くのは寒いと思いますが4月以降のゴルフシーズン突入前に良いスイングを目指して頑張りましょう!!

 

 

投稿したコーチ Murata

【レッスン施設】GPC恵比寿/担当:水木金土日 【生年月日】1982年11月12日生れ【出身地】鹿児島県奄美大島出身 【ライセンス】:JGTOツアープレイヤー

Check Also

ショットのアドレス 前後均等の体重配分

前後左右均等のアドレスを基準にして、バランスよいスイングを築く

アドレス時の体重配分は、左足と …

ゴルフ アウトサイドイン

アウトサイドインの軌道になる理由として考えられること

クラブヘッドがカット軌道(アウ …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください