Home » ゴルフレッスン » 「〇〇の位置を変えない」という意識はスムーズな動きを損なう恐れがある

「〇〇の位置を変えない」という意識はスムーズな動きを損なう恐れがある

こんにちは、樽谷です。

台風が心配です。

時期的にはゴルフシーズンなので、台風が過ぎた後は多くのゴルファーが存分にゴルフを楽しめたらな、と思います。

 

さて、今回は、より良いスイングに向けて余計な動きを無くす(抑える)取り組みをする時の注意点についてです。

普段、仲間と一緒にコースラウンドや練習をしていて、「頭動いてるよ~」とか「腰が流れてるよ~」と言われたことがあるゴルファーは多いと思います。

 

しかし、余計な動きがあるからといって、「その動き自体を止める」イメージを持つことはおすすめしません。

なぜなら、その動き自体を止めようとしてしまうと、全身の連動性や躍動感が失われ、結果、気になる余計な動きを抑えられたとしても、思うような結果にはなりにくいからです。

理想は、「どういう動きのイメージを持つと、結果、気になる動きを抑えられるか」ということを導き出して練習していくことです。

 

例えば、よくある例でいうと頭の位置です。

「バックスイングやダウンスイングで頭が動いている、それを直す」となった場合、多くの場合、「頭の位置を固定」しようとします。

するとどうなるか。

体が硬直し、体幹が回旋せず、重心の移動がスムーズに行えなくなる可能性が高まります。体幹が回旋しないと無理にクラブを挙げようとしてしまい、腰が右に流れるなどのエラーが生じ、「頭の位置を固定しようと取り組んだら、スイングのバランスが逆に悪くなった」となってしまいかねません。

そうなると、再現性高くスイングしつつ効率よくボールに力を伝えることはできないですよね。

 

頭が動いているのは、頭に原因があるのではなく、頭が動く体(体幹、四肢)の動きをしているからです。

「体をどう動かすイメージを持てば頭が動かなくなるか」を導き出し、取り組むことで、連動性や躍動感があり、かつ、頭の位置が安定した軸ブレのないスイングになっていきます。

 

頭以外にも、腰や膝など、あらゆる部位の「固定」イメージはスムーズなスイング作りの邪魔になる可能性があります。

 

バランスの良いスムーズなスイングを構築してよりゴルフを楽しみましょう!(^^)!

 

投稿したコーチ taru

taru
【レッスン施設】ヴィクトリアゴルフスクール五反田店【ライセンス】日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・コーチ級トレーナー資格【得意クラブ】SW【好きなゴルフ場】霞ヶ関カンツリー

Check Also

理想的なテークバックの為に大切なこと

こんにちは!今年も健康診断で唯 …

獲得するべき動きを定めてとことんフォーカス!

「フェースのセンターにボールを …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください