Home » ゴルフレッスン » パッティングレッスン » パターの基本グリップが変わる?

パターの基本グリップが変わる?

こんにちは、A1タイプだと思ってたのに実はB2だったフジモンです。今日はPGA選手のパターのグリップについてのお話しです。
まず、パターの基本グリップは右手が下に位置し、右手人差し指を左手の上に添える、
逆オーバーラッピンググリップです。タイガーウッズ選手もこの握り方ですね。
inar02-rickie-fowler-putt
しかし最近活躍中のPGA選手の傾向を見ていると、パット時のグリップが通常の持ち手とは逆になる、クロスハンドグリップを採用している選手が非常に多く見られます。
inar03-rickie-fowler-putt
前回のブログで紹介したジョーダンスピース選手もこのグリップです。
日本の選手も何人かいますが、PGA選手、特にワールドランキング上位の選手に圧倒的に多いです。
この話を聞くと1度試してみたいと思いませんか?
mzxow1-b781254205z.120140124173440000gh51i5vvj.2
とはいえ、何故このグリップが良いのか?理由を知っている事でより効果が高まります。
クロスハンドグリップのメリットを簡単にご紹介したいと思います。
①目標に対してアライメントを揃えやすい。
通常の握り方では、右手が下に更に手元を左足よりに位置するため右肩が下がりやすくなります。追って目線も傾きやすくなります。
左手が下にくることにより、肩のラインを平行に意識しやすく、頭も傾きにくくなります。
地面に水平に構えられると、平行感覚が良くなります。頭が傾くことは脳が傾くことでもあり、傾きを脳は修正しようとするため、余分な神経をつかいます。
そのため目線が平行になり頭の傾きも防げるため集中力も思考能力もアップするということになります。
IMG_1961IMG_1962
②左手主導になる。
左手が右手の上におい被さるため、左手リードが可能になり、右手の器用な動きを防ぐことができ、転がりが安定します。
また不器用な手を使うため体幹を意識しやすくなりストロークが安定します。
そして左手と右脳(イメージ、想像、直感などを担当)が直結しているため、
左手リードの素振りをしているだけでも、イメージ力が増してきます。
③左軸で構えやすい。
左軸で構えることにより下半身が安定します。右に重心が残ると腰も開きやすく、アッパーもキツくなり、ボールの転がりに影響がでできます。
ショットと同じ現象が起きます。左軸で構えることにより、下半身も安定し、フォローで左肩も上がりずらくなり低く長くだせるようになり転がりが良くなります。
IMG_1963IMG_1964
このようにメリットがたくさんありますので、試す価値はありそうです!
みなさん!パットマスターになりましょう!

投稿したコーチ Fujimon

Fujimon
【レッスン施設】GPC恵比寿/担当:月木金土日 【生年月日】1982年7月9日生まれ【出身地】京都府京都市出身 【ライセンス】:USGTFティーチングライセンスレベルⅢ/レッシュプロジェクトコーチ級トレーナー資格/

Check Also

イメージ脳の構築(ターゲット)

今回は大本が担当します。 &n …

パッティング距離感

今回は大本が担当します。 全米 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください