Home » ゴルフレッスン » ゴルフスイング » 獲得するべき動きを定めてとことんフォーカス!

獲得するべき動きを定めてとことんフォーカス!

「フェースのセンターにボールを当てる」「力んで手打ちにならない」「ヘッドアップしない」などなど、結果に焦点を当てすぎたり、動きに制限をかける事を意識し過ぎた状態で練習すると、うまくスイングを構築していくことが難しくなってしまいます。

でも、「気にしてはいけないことも、気になってしまうものはしょうがない」ですよね。

「身体の〇〇を△△ように動かそう」と体のどこかに焦点を当てて練習できると、バランスの良いスイングを構築していきやすくなります。クラブヘッドの動きや、ボールを見る見ない等を意識していられないぐらい、自分の身体の動きに、身体の筋肉に集中しきるのです。

例えば下記のドリルです。(クリックしてください)

参考記事:体幹主動で打てると自然と”ゆったり”になる

これは、使いたい筋肉への意識の伝達や、その筋肉の強化を目的としています。

さらに、クラブヘッドとボールの存在感を減らすことにも繋がります。自分の身体に問いかけながら、ゴルフの動作をするので、クラブヘッドとボールのことまで気が回らなくなってきます。

それが、体幹と腕、クラブが連動したスムーズなスイングに繋がります。

 

下記の記事をご覧ください。

祝!目標スコア大幅更新

目標を達成された方の一例です。

 

この記事内の方は上記記事内にあるドリルや下記のような練習器具を使ってイメージを作りながら練習することに手ごたえを感じています。

ボールを打つ事に慣れる、クラブを振った時の感覚に慣れる、ということも大切ですが、自分の身体の動きにとことんフォーカスした練習も上達の為には大切です。

 

よりゴルフを楽しむべく、上達に向けて突き進みましょう!

投稿したコーチ taru

taru
【レッスン施設】ヴィクトリアゴルフスクール五反田店【ライセンス】日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・コーチ級トレーナー資格【得意クラブ】SW【好きなゴルフ場】霞ヶ関カンツリー

Check Also

ゴルフスイングの身体運動セミナー

今回は大本が担当します。 先日 …

イメージ脳の構築(ターゲット)

今回は大本が担当します。 &n …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください