Home » ゴルフレッスン » ゴルフスイング » 前後左右均等のアドレスを基準にして、バランスよいスイングを築く
ショットのアドレス 前後均等の体重配分

前後左右均等のアドレスを基準にして、バランスよいスイングを築く

アドレス時の体重配分は、左足と右足が均等で、つま先側とかかと側が均等、前後左右偏りがない状態が基準になります。土踏まずでバランスをとることがベースになります。

この基準を押さえておくことで、スイングエラーが起きにくくなり、再現性高くバランス良いスイングをしやすくなります。体重が、かかと側やつま先側に偏ってしまうとクラブが理想的な軌道を描きにくくなったり、フェースの向きをコントロールすることが難しくなります。

前後左右に偏りがないアドレスにするコツは、直立した姿勢がお尻を引いて前傾姿勢を作ることです。よい直立姿勢は、骨格の特徴が人ぞれぞれありますが、首が前に垂れたり、腰が反らないように心がけると良いでしょう。

以下にあるバランスディスクを使うことで、前後左右均等のアドレスを体感することができます。

より良いスイングを目指して、より良いアドレス作りに取り組みましょう。ちなみに、パットも前後左右均等が基準になります。

パットのアドレス 左右均等の体重配分

スポーツラボのスイング理論をまとめた本「グラビティメソッド」

 

投稿したコーチ taru

【レッスン施設】ヴィクトリアゴルフスクール五反田店【ライセンス】日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・コーチ級トレーナー資格【得意クラブ】SW【好きなゴルフ場】霞ヶ関カンツリー

Check Also

ゴルフ グリップ

形だけじゃない!?グリップの注意点

多くのゴルファーにとってスイン …

バックスイング左腕

左腕の伸び・左肩の下の筋肉(広背筋)の伸びについて

ツアープロ達のバックスイングで …