ブログ開始

今回からショットとショートゲームの観点から
スポーツラボの専属コーチが、
今までにない画期的なスイングレッスンメソッドといろいろな楽しい情報を提供していきたいと思います。
いくら練習場でボールを打っても上達しない方は必見です。

今回は大本が担当します。

左腕を伸ばしてバックスイングしましょうという定説が残っていますが、本当に正しいのでしょうか?
関節の仕組みから考えると、関節は肘関節→手関節の順番で交互に動くため、肘をロックすると手首が自然に動きます。結果としてバックスイングかトップの位置で手首が折れてしまいます。
本来は伸ばすつもりがなくても、クラブの動きに
引っ張られ伸びているように見えるだけです。
スイングを解析するプロが伸びている腕を画像で見てその動きを真似て、腕を伸ばしましょうと言ってしまったのですね。

非力なジュニアゴルファーなどは関節の可動域が
広いため伸ばす場合もありますが、一般ゴルファーにはおすすめできません。

簡単なドリルですが、腕を五角形にして肘の幅をキープしたまま、スイングしてみてください。手のポジションが体の中心にキープできて、コンパクトトップも身につきます。

ゴルフスイングは意識とスイングの見え方がまったく違うものです。これを機会にスイングの再確認をしてみましょう!

投稿したコーチ 大本 研太郎

大本 研太郎
株式会社スポーツラボ代表/ 日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・マスター級トレーナー資格/ 担当 GPC恵比寿:月水木土日/スポーツコミュニティー市川浦安ゴルフスクール:火曜日、金曜日

Check Also

ヘッドスピードを活かす 理想の打ち出し角とは

飛距離三要素というものを知って …

形だけじゃない!?グリップの注意点

多くのゴルファーにとってスイン …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください