Home » ゴルフレッスン » ゴルフスイング » スイングのリズム

スイングのリズム

今回はB1ゴルファーのO型で焼肉好きの大本が担当します。

スイング、ストロークのリズムテンポが大切ということは、

周知の事実ですが、本当に理解している方は非常に

少ないように思われます。

メトロノーム

まずリズムとはなんでしょうか?

リズムは一般的に言われる拍子のことです。

テンポはその速さのことをいいます。

一緒に考えている方が多いように思われます。

 

まずはショットのリズムを考えていきましょう。

始動から始まり「1、2、3」でスイングするタイプ。

「1、2の3」でスイングするタイプに分かれます。

1で始動、2でトップ、3でフィニッシュ(フォローの位置)のイメージです

下半身と上半身の捻転差を維持できない方は

「1、2の3」のリズムから練習することをおすすめします。

 

リズムが安定してきたらテンポをコントロールしていきます。

アベレージゴルファーの方でテンポは60~80ビートが基準

になります。テンポ60で1秒に1回ということです。

したがってテンポ60で3拍子スイングをすると2秒でスイング

するということになります。

 

身長は腕の長さ、筋量、瞬発力などいろいろな要素

がありますが女性で60ビート、男性で70ビートを基準にしてください。

今はスマートフォンのアプリなどでメトロノームがダウンロードできます。

ご自分のテンポを確認してみてください。

次回はパッティングのリズム、テンポについて説明します。

 

詳しく知りたい方はGPCでお待ちしております(^0^)

投稿したコーチ 大本 研太郎

大本 研太郎
株式会社スポーツラボ代表/ 日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・マスター級トレーナー資格/ 担当 GPC恵比寿:月水木土日/スポーツコミュニティー市川浦安ゴルフスクール:火曜日、金曜日

Check Also

左腕の伸び・左肩の下の筋肉(広背筋)の伸びについて

ツアープロ達のバックスイングで …

胴体の動きについて

最近白髪が目立ってきた樽谷です …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.