1. HOME
  2. 4スタンス理論
  3. アドレスは閉めるの?開くの?
4スタンス理論

アドレスは閉めるの?開くの?

トレーニングのしすぎで腰を痛めてしまったフジモンが担当致します。
今回もアドレスについてのレッスンです。
アドレスネタ引っ張りますよね~!って思っている方が多いのでは 笑。
みなさま気長にお付き合い下さい。
アドレスでは足裏でしっかりと地面を踏むことが大事です。
みなさんよくアドレスでは股を内に閉めなさい、とかガニ股にすると安定するよ、とかどっちが正しいの?と疑問に思う方多いですよね?
人には生まれつき、閉め派と開き派に分かれています。
それを4スタンスで言うと、AタイプBタイプ以外に、1タイプ、2タイプと分類します。
1タイプは閉じ派、〔内閉め〕

proswing_1

アダムスコット選手がそうですね。

2タイプは開き派です。〔がに股〕

md_fowler_lewis_052814

リッキーファウラー選手が代表です。


これをどちらか知る事で、地面の踏み方が変わってくるのです。
1タイプの方は股関節を内に閉めてアドレスすると身体が安定して上半身を楽に回せます。
その時に足の人差し指に力を入れる感覚が良いでしょう。

2タイプは逆に膝を外に開けるようにアドレスすると下半身が安定して上半身を楽に回せます。
足の薬指に力を入れる感覚が良いです。

ドリルは1タイプはボールを挟み閉めながら身体を回しましょう。

IMG_2329

2タイプはチューブを外に引っ張りながら身体を回しましょう。

IMG_2328

自分のタイプを知って動きやすいスイングを身につけましょう!