Home » ゴルフレッスン » パッティングレッスン » 3パット撲滅運動!

3パット撲滅運動!

今日はフジモンが担当致します。
またまたPGAツアー選手のパッティングの極意をお届け致します。
タイガーの最大のライバルと言われている、
ローリーマキロイ選手のパットルーティンについて解説したいと思います。

Rory+McIlroy+World+Golf+Championships+Cadillac+WMkyXrXwGKZl
ルーティンとは、決まりきった手順、動作を意味します。
みなさん、パッティングの時、なにげにボールの手前で何回か素振りをおこないませんか?

IMG_2016
素振りをおこなうときにボールの転がるラインのイメージをだしながら素振りをしますが、実はボールの手前で素振りをしても実際はボールの転がるラインとは外れていますし、目線が傾いていると距離感がだしずらくなります。
それだとあまり素振りの意味をなしていません。

マキロイ選手は一切素振りはなしでパッティングしていきます。

マキロイ選手はボールとカップの延長線に正対して立ち、右手でボールを転がすイメージをだしながらアドレスにはいり、

そのイメージが消えないまま、目線を戻すとすぐにテークバックし始めます。

目線を正対させて右手でボールを転がすイメージをだしていくと距離感が脳で認識しやすくなります。

IMG_2018

片山晋呉選手も良くおこなっていますね。
例えて言うと、ゴミをゴミ箱、輪投げ、バスケ、カーリングなど、基本的に距離感が必要な動作では目線を水平に、身体を正対しながらおこないます。

実際、練習グリーンでボールを手で転がして感覚を掴んでいくのも良いでしょう。

もし素振りはしないと落ち着かない方はカップに正対して素振りを行うと良いでしょう。

IMG_2017

この素振りはアニカソレンスタム選手も推奨しています。
距離感、イメージがなかなかうまくでない方は是非このルーティンを参考にしてみてください。
3パットを撲滅しましょう!

投稿したコーチ Fujimon

Fujimon
【レッスン施設】GPC恵比寿/担当:月木金土日 【生年月日】1982年7月9日生まれ【出身地】京都府京都市出身 【ライセンス】:USGTFティーチングライセンスレベルⅢ/レッシュプロジェクトコーチ級トレーナー資格/

Check Also

イメージ脳の構築(ターゲット)

今回は大本が担当します。 &n …

パッティング距離感

今回は大本が担当します。 全米 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください