Home » ゴルフレッスン » コースマネージメント » 打ち下ろし・打ち上げホール攻略法

打ち下ろし・打ち上げホール攻略法

みなさん、こんにちは!
今回は土居が担当させて頂きます。

今回のテーマは
「打ち下ろしホールと打ち上げホール」
のコースマネージメントについてです。

まずは打ち下ろしホールについてです。
皆さんは普段打ち下ろしの場面でどのようなことをチェックされていますか?

平地よりも飛ぶから小さめのクラブを選ぶ。。。

これが一般的に最初に思い浮かぶことかと思います。
でもこれだけではないんです。

打ち下ろしホールでは身体が被さるようにスイングしやすくなるため
左へのミスが出やすくなるのです。

更に平地より飛ぶから「小さめのクラブを選ぶ」が
左へのミスを助長させる要素となります。
小さめのクラブ=ショートアイアン
になるほどクラブの特性上、左へ飛びやすくなります。

打ち上げホールではこれの全く逆となります。
ボールを上げようとして身体が起き上がり、右へ飛ばす要素に。
更に打ち上げを考慮して
大きめのクラブ=ロングアイアン
はそのクラブの特性上、今度は右へ飛ばす要素となります。

例えば打ち下ろしのショートホールで距離が110ヤード。
左には池がある。。。
左へのミスを誘発する要素が満載のこんなシチュエーション。
最も簡単な対処方法は

①teeグラウンドの右端にteeアップしてホールに対して真っ直ぐ右サイドを狙う。
②teeグラウンドのセンターから左にteeアップしてアライメント(アドレスの身体の向き)を右に設定して狙う。

どちらを選択するかは本人の好み、成功する確率が高い方を選択していただければ
よいです。
この他にもスイングの技術的な要素で左へのミスを防ぐ方法がたくさんあります。

コースマネージメントを考えながらラウンドするとゴルフの楽しさがもっと深まりますよ!
次回のラウンドで是非試してみてください。

投稿したコーチ Doi

Doi
【ライセンス】PGA公認ティーチングプロ、コーチ級レッシュトレーナー 【レッスン施設】スポーツコミュニティー市川浦安ゴルフスクール 【得意クラブ】58°【好きなゴルフ場】Jゴルフ霞ヶ浦【4スタンス理論タイプ】A2

Check Also

アドレス時のフェースクローズが与える影響

こんにちは、今回は前回の続きで …

高麗グリーン攻略

今回は大本が担当します。 今週 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です