Home » ゴルフレッスン » ゴルフスイング » 理想のテークバック

理想のテークバック

こんにちは!典型的なB1の大本です。

今回はテークバックについてです。
よくテークバックはまっすぐ引きましょうと表現しますが、
引くということは手のポジションが体の中心から外れるということです。
クラブを動かそうとすると、手先などの器用な筋肉を
使ってしまいます。
したがってテークバックの時点から振り遅れることに
なってしまいます。

おすすめのドリルを紹介します。
【左手で握手ドリル】
①左腕1本でアドレスする
→左腕にゆとりを作りましょう。

DSC_0080

②右手をお腹に当てる
→腹筋を意識してください。

DSC_0081
③左手で右サイドにいる人と握手をする。
→お腹を動かすことで左腕を動かすようにします。
左腕のゆとりはキープさせましょう。

DSC_0083

体幹を使って手の運動量を減らし、手のポジションを

体の中心にキープするのが目的です。

このようなドリルを1日3分繰り返してください。

1日5分はゴルフのことを考える習慣をつけましょう!!

詳しくはGPC恵比寿でお待ちしております!

投稿したコーチ 大本 研太郎

株式会社スポーツラボ代表/ 日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・マスター級トレーナー資格/ 担当 GPC恵比寿:月水木土日/スポーツコミュニティー市川浦安ゴルフスクール:火曜日、金曜日

Check Also

ヘッドスピードを活かす 理想の打ち出し角とは

飛距離三要素というものを知って …

形だけじゃない!?グリップの注意点

多くのゴルファーにとってスイン …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください