• アプローチ時のスタンス幅

    こんにちは、樽谷です。 今回はアプローチ時のスタンス幅についてです。 グリーン周りからのアプローチであるにも関わらず、アドレス時の足幅が広い人が多くいます。   20ヤード(以内)では、指二…

  • パターの理想のロフト角

    今回は大本が担当します。 ご自分に合うパターを探すときに実は盲点になるのが ロフト角です。形状や重さ、長さ、バランスなど考える方は 多いのですが、「ロフト角が何度が良いか?」 という質問はあまり受けた…

  • アドレス時のフェースクローズが与える影響

    こんにちは、今回は前回の続きです。 前回は『アドレス時のフェースの向き』についてでした。 前回のブログ↓↓ アドレス時のフェースの向き 今回はアドレス時のフェースがクローズだった場合、どういう結果を招…

  • 高麗グリーン攻略

    今回は大本が担当します。 今週の女子ツアーはフジサンケイレディスクラシックです。 名門、川奈での戦いとなります。 火曜日に、小林咲里奈プロのスイングチェックに行って 来ましたが、嵐の後でカジュアルが多…

  • ゴルフトゥデイ

    今回は大本が担当します。 マスターズウィークですね。 1年の中でも、朝早く起きるのが楽しい4日間です。 3日目の時点で松山選手は4オーバーの28位タイと なっておりますが、最終日の巻き返しに期待したい…

新着記事

パターの基本グリップが変わる?

こんにちは、A1タイプだと思ってたのに実はB2だったフジモンです。今日はPGA選手のパターのグリップについてのお話しです。 まず、パターの基本グリップは右手が下に位置し、右手人差し指を左手の上に添える、 逆オーバーラッピンググリップです。タイガーウッズ選手もこの握り方ですね。 しかし最近活躍中のPGA選手の傾向を見ていると、パット時のグリップが通常の持ち手とは逆になる、クロスハンドグリップを採用し …

Read More »

理想のテークバック

こんにちは!典型的なB1の大本です。 今回はテークバックについてです。 よくテークバックはまっすぐ引きましょうと表現しますが、 引くということは手のポジションが体の中心から外れるということです。 クラブを動かそうとすると、手先などの器用な筋肉を 使ってしまいます。 したがってテークバックの時点から振り遅れることに なってしまいます。 おすすめのドリルを紹介します。 【左手で握手ドリル】 ①左腕1本 …

Read More »

取材、行ってきました!!!

太平洋成田

みなさま、はじめまして(^^ゞ    GPCいちのB1スインガーの村田です!!   GPCのコーチ陣でブログを毎週更新してゴルフに関する楽しい話題や理論等をお伝えしていきます!!   さて、今回は先日にワッグルさんの取材で太平洋クラブ成田コースさんにお邪魔させていただきましたので投稿させていただきます   今回のテーマは「短いpar5の罠」と「グリーン奥での罠」で連載 …

Read More »

常識を覆すパッティングスタイル。

スポーツラボのブログが始まりました。 PGAツアーマニアのフジモンコーチがPGA選手のスイング解析や練習法など、ツアー情報をブログにアップしていきたいと思います。 第一回目は、今年のマスターズ、ツアーチャンピオンシップなどで大活躍中の、今若手ナンバーワン選手ともいわれている ジョーダンスピース選手のパッティングについて解説していきたいと思います。 みなさん驚かれるかも知れませんが、スピース選手は2 …

Read More »

ブログ開始

今回からショットとショートゲームの観点から スポーツラボの専属コーチが、 今までにない画期的なスイングレッスンメソッドといろいろな楽しい情報を提供していきたいと思います。 いくら練習場でボールを打っても上達しない方は必見です。 今回は大本が担当します。 左腕を伸ばしてバックスイングしましょうという定説が残っていますが、本当に正しいのでしょうか? 関節の仕組みから考えると、関節は肘関節→手関節の順番 …

Read More »