Home » ゴルフギア » パーゴルフ

パーゴルフ

今回はいい歳なのに、今だにカルビ好きの大本が担当します。

今週のパーゴルフで最新パターの取り扱い説明書として
特集を組んでいただきました。

IMG_20140722_220659IMG_20140722_220652

 

今時のパターは日々進化し続けています。

より自分に合うパターが選べるようになりました。

どのパターがマッチングするか探す楽しみもありますね(^0^)

いろいろな判断基準はありますが、今回は6項目に分けて説明してあります。

①アライメントデザイン

→構えやすい、打ちやすいデザインを探すことが重要です。

ファーストインプレッションは大切ですよ!!

②ウエート

→全体の重量、ウエイトの配分でボールのつかまり、距離感が変わります。

③長さ

→ライ角に合った適正の長さのパターを作ってください。

ボールの真上から見れるようにすることが大切です。

④反発力

→最近は反発力を減らすことで距離のばらつきを減らすパターが

出てきています。面白いですねー!!

⑤カウンターバランス

→4スタンス理論でいえばBタイプが合うパターですね。

グリップが太目だとさらにベターです!

⑥ソールバンプ

→面白い発想ですね。

ライ角が一定になります。股関節支点でアドレスしたい人向きですね。

トウアップで構えたい人には良いです。

IMG_20140722_220726

 

今回は動画にも出ちゃってます。パーゴルフのサイトをご覧下さい!

スタート前のパット練習法です。

参考にしてください(^0^)

 

 

ぜひ最適なパターを見つけ出しましょう。

詳しくはパーゴルフをご覧になってください。

さらに気になる方はGPC恵比寿でお待ちしております!!

次回は、先週予告しておいたパッティングのリズムを説明します。

 

 

 

 

投稿したコーチ 大本 研太郎

大本 研太郎
株式会社スポーツラボ代表/ 日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・マスター級トレーナー資格/ 担当 GPC恵比寿:月水木土日/スポーツコミュニティー市川浦安ゴルフスクール:火曜日、金曜日

Check Also

重心アドレス

今回は大本が担当します。 前回 …

パッティングの目線のライン

今回は大本が担当します。 今週 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です