Home » ゴルフレッスン » パッティングレッスン » パターの理想のロフト角

パターの理想のロフト角

今回は大本が担当します。

ご自分に合うパターを探すときに実は盲点になるのが

ロフト角です。形状や重さ、長さ、バランスなど考える方は

多いのですが、「ロフト角が何度が良いか?」

という質問はあまり受けたことがありません。

なぜロフトが必要なのでしょうか?

質問すると以下の内容の話をよく聞きます。

・ハンドファーストが意識できる。

・左サイドの意識が作りやすい。

・パターにロフトがあるのを知らなかった

・有名なパターメーカーのロフト角が3度~4度が多いので、なんとなく使っている。

・感覚的に打ちやすい

その他いろいろ答えはあると思いますが、

ロフトが必要な原理を知っておきましょう。

 

ロフトが必要な一番の理由は、グリーンのように短く芝を刈ってある状態でも

ボールは沈んでいます。0度の角度でボールが打ち出されると

芝の抵抗がかかってしまい転がりが悪くなります。

芝の抵抗がかからないように、パターでも打ち出し角が必要になります。

理想の打ち出し角は個人差によりますが、2度前後がおすすめです。

一般的に市販されている、パターのロフト角は3度が多いですね。

ロフト角がついている分、ハンドファーストで構えることで、

適正になるように設計されています。

3度のロフトの場合約2.5度ハンドファーストにすることで、

適正のインパクトのロフト角(0.5度)に近づきます。

下の写真のように、

①フェース面が見え過ぎるとロフト通りの構えになり、

ボールを打つと跳ねやすくなります。⇒注意が必要

②フェース面がぎりぎり見えるように、

ハンドファーストで構えることでロフト角を少なくして構えると

ボールの転がりが良くなる。⇒おすすめ

①フェース面が見える
②フェース面がギリギリ見える

個人差にもよりますが、適正のロフト角を見つけ出すには、

ご自分の適性のハンドファースト角を見つけ出すことが大切です。

もちろん、ショットと合わせないといけないのでパターだけ極端に

ならないように注意してください。

理想のパターを是非、見つけ出しましょう~!

投稿したコーチ 大本 研太郎

大本 研太郎
株式会社スポーツラボ代表/ 日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・マスター級トレーナー資格/ 担当 GPC恵比寿:月水木土日/スポーツコミュニティー市川浦安ゴルフスクール:火曜日、金曜日

Check Also

パッティングの目線のライン

今回は大本が担当します。 今週 …

パッティングはアッパー軌道が良いのか?

  今回は大本が担当 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です