Home » ゴルフレッスン » ゴルフスイング » B2タイプ  リッキーファウラーのスイング大改造 part1

B2タイプ  リッキーファウラーのスイング大改造 part1

 

 

本日はPGA選手スイングマニアのフジモンがブログを担当します。

PGAの選手は個性豊かな選手が多いのでスイング分析が楽しくなります。
以前のブログでアメリカのリッキーファウラー選手が昨年大幅なスイング改造をし、大活躍をしたというお話しをさせていただきましたが、

今回は具体的にどう変わったのかを、2回に亘って解説していきたいと思います。みなさんも是非参考にして下さい。

以前のリッキーファウラー選手は狙った方向より右にプッシュするミスが多く見られました。

その理由はインパクト直前でクラブがインサイドから遅れて戻ってくるくせがあり、インパクトでフェースがオープンになることで右にプッシュするミスかでていたんですね。
このプッシュのミスをなくすためには、インパクト直前の軌道を修正する必要がありますが、
ではこのミスを改善するために、インパクト前の軌道をもっと外から下ろせば振り遅れのミスが
なくなるとみなさんは考えるのではないでしょうか?

インパクト直前の動きはミスショットの最後の原因であり、原因はいくつも存在し、
ダウンスイングが悪いとなればダウンスイングだけに焦点をあて直そうとしてしまいますが、
これだけでは根本的な解決にはなりません。

一瞬上手く打てたとしても、すぐに元に戻ります。

スイングを根本的に改善するには、ダウンが悪ければ、トップ→バックスイング→テークバック→アドレスという順番で原因を探っていかないといけません。何故そうなるのかを常に考えないといけません。
ダウンが悪い原因はトップが悪いのでは?

トップの位置が悪いのはテークバックがよくないのでは?

ではテークバックが悪い原因は?
そうです、アドレスにあるというわけですね。

結論はアドレスから徹底的に見直さないと根本的解決にはならないんですね。
では、具体的にリッキーファウラー選手のアドレスを解説していきましょう。

IMG_3009IMG_3024

 

このアドレスの二つの写真を見ていただいて違いを見つけられたでしょうか?

 

 

 

 

 

まず以前のアドレスではひざを大きく曲げ、おしりが落ちており、重心がかかと寄りにかかっています。

少し猫背になっているため前傾も深く、腕が下がりすぎてハンドダウンにもなっています。

IMG_3009

では進化したアドレスを見てみましょう。

以前よりひざが伸び、お尻にはりがでてきて、その分バランスがよい重心配分で、背中にも張りがあり、ハンドアップなポジションにもなりました。

IMG_3024

実際比べるとかなりバランスよく、身体を主導としたスムーズに始動ができる雰囲気がありますね。

 

みなさんも調子が悪くなったとき、コースで当たらなくなったらまずアドレスをしっかり見直してください。
次回はこのアドレスの変化がどうスイングに影響をもたらしたかを解説していきたいと思います。

投稿したコーチ Fujimon

Fujimon
【レッスン施設】GPC恵比寿/担当:月木金土日 【生年月日】1982年7月9日生まれ【出身地】京都府京都市出身 【ライセンス】:USGTFティーチングライセンスレベルⅢ/レッシュプロジェクトコーチ級トレーナー資格/

Check Also

アドレス時のフェースクローズが与える影響

こんにちは、今回は前回の続きで …

高麗グリーン攻略

今回は大本が担当します。 今週 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です