重心アドレス

今回は大本が担当します。

前回は目線の位置について説明させていただきましたが、

今回は重心バランスについて説明していきます。

一般的にパッティングのレッスンをしていると

つま先重心でアドレスした方が、

下半身が安定すると考えている方が多いようです。

理想はつま先とかかとのバランスが50:50が理想です。

前重心で構えてしまうと、自然に重心調整をしてしまい

ストローク中にかかと重心にかける動きが増えてしまいます。

自然にということは、自分が気づかないところで

重心の変化が起きてしまうということなんです。

おすすめは、土踏まず真下バランス(地面に垂直にする)

をキープするとイメージしやすくなります。

次に左右のバランスですがアベレージゴルファーの

方は右重心、パッティングの上級者ほど左重心に

かける方を多く見かけます。

やはりベースを50:50にすることでバランス良い

ストロークにつながります。

右重心で構えてしまうと、ダウンスイングから

上体がつっこみやすくなり、左重心で構えると

重心が右に残りやすくなります。ゴルフ用の

自然体を見つけ出すことが大切です。

 

詳しくは本誌で確認してみてください(^0^)

重心だけでゴルフは変わります!!

 

投稿したコーチ 大本 研太郎

大本 研太郎
株式会社スポーツラボ代表/ 日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・マスター級トレーナー資格/ 担当 GPC恵比寿:月水木土日/スポーツコミュニティー市川浦安ゴルフスクール:火曜日、金曜日

Check Also

アドレス時のフェースクローズが与える影響

こんにちは、今回は前回の続きで …

パッティングの目線のライン

今回は大本が担当します。 今週 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です