Home » ゴルフレッスン » ゴルフスイング » レイアップの達人になる!

レイアップの達人になる!

皆さんこんにちは!

しかし暑いですね~

暑さ、寒さに弱い、A2土居が担当します!

 

 

今回は、コースマネージメントで重要なポイントになるレイアップについて分析してみたいと思います。

 

 

 

まず、レイアップといって考えられるケースは、、、

 

par5で残り距離やハザードによって2オンが困難な状況、、、

par4でteeショットのミスによって2オンが難しい時、、、

方向性が求められるpar4のteeショットで1wを使用しない時、、

 

などが考えられる主なレイアップのケースですね。

 

 

この時によく言われている考え方が、30ヤード前後のコントロールスイングの距離を

残すよりも100ヤード前後のフルスイングが出来る距離にレイアップ

するほうがよいという考え方です。

このレイアップの考え方で本当にスコアがよくなるのでしょうか?

 

 

 

データによると、ほとんどのアマチュアゴルファーは

100ヤード前後の距離よりも30ヤード前後の距離からのほうがスコアが

よいというデータがあります。

 

これはライの状況が違う場合でもいえることで

100ヤード前後のフェアウェイからよりも、30ヤード前後のラフからのほうがスコアが

よいというデータがあります。

 

PGAプロでも同様のデータがあり、pgaプロの100ヤードからの寄せワン確率が28%

30ヤードからの寄せワン確率が52%になっています。

 

 

 

 

結論は、出来る限りカップに近づくレイアップがよい!ということになります。

 

例外のケースもありますが、今回はここまでに、、、

 

 

投稿したコーチ Doi

Doi
【ライセンス】PGA公認ティーチングプロ、コーチ級レッシュトレーナー 【レッスン施設】スポーツコミュニティー市川浦安ゴルフスクール 【得意クラブ】58°【好きなゴルフ場】Jゴルフ霞ヶ浦【4スタンス理論タイプ】A2

Check Also

アドレス時のフェースクローズが与える影響

こんにちは、今回は前回の続きで …

高麗グリーン攻略

今回は大本が担当します。 今週 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です