Home » ゴルフレッスン » ゴルフスイング » パッティングの目線のライン

パッティングの目線のライン

今回は大本が担当します。

今週のテーマは目線のラインです。
パッティングでボールの真上に目線のラインを
そろえましょうと良くいわれますが、

どういう利点があるのでしょうか。

 

下の写真のように目線を

追い越すとカップを見た時に

体がかぶってしまい、

ボールが引っ掛けやすくなります。

ボールを追い越し

 

下の写真のように目線が離れると

打つ時に体が開き、

ボールは右方向に打ち出しやすくなります。

ボールから離れる

 

真上にそろうとカップを早めに見てしまっても

肩のラインが変わりづらいため方向が

出しやすくなります。さらに肩甲骨が上を向き

肩甲骨が縦に動きやすくなり、重心変化の

少ないストロークがしやすくなります。

いいとこ取りですね!

ボールの真上に目線
肩甲骨が上を向く

 

ただし、プロやトップアマに多いのですが、

ボールの真上から見ようとし過ぎて、

目線が追い越してしまう選手を良くみかけます。

目と眉毛の間にセットするイメージをすると

安定して構えやすくなります。

前回説明した、フォーカスバンドの目の

効果を取り入れながらアドレスを

作って上げるとより精度が上がります。

是非、試してみてください(^0^)

 

投稿したコーチ 大本 研太郎

大本 研太郎
株式会社スポーツラボ代表/ 日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格/レッシュプロジェクト・マスター級トレーナー資格/ 担当 GPC恵比寿:月水木土日/スポーツコミュニティー市川浦安ゴルフスクール:火曜日、金曜日

Check Also

アドレス時のフェースクローズが与える影響

こんにちは、今回は前回の続きで …

重心アドレス

今回は大本が担当します。 前回 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です