Home » ゴルフレッスン » ゴルフスイング » アドレス時のフェースクローズが与える影響

アドレス時のフェースクローズが与える影響

こんにちは、今回は前回の続きです。

前回は『アドレス時のフェースの向き』についてでした。

前回のブログ↓↓

アドレス時のフェースの向き

今回はアドレス時のフェースがクローズだった場合、どういう結果を招くか、又は、スイングにどういう影響を与えるか、を、解説したいと思います。

【結果的影響】

●左に飛ぶ

当然左にフェースが向いてる訳ですから左に飛びやすくなります。

●球が上がらない

フェースを左に向けると、フェースのロフト角は小さくなります。よって球は低く打ち出されやすくなります。

●ダフりやすくなる

バウンス(ヘッドの底の丸み)がなくなるのでリーディングエッジ(刃)が地面にささりやすくなります。

 

上の写真は番手なりのロフト角があります。番手なりに球が上がりやすいです。

リーディングエッジが浮いています。バウンスを活かしやすい状態です。

 

この写真は上の写真と同じクラブですが、フェースを左に向けることでロフト角が小さくなっています。

ということは球が上がりにくいです。

又、リーディングエッジが地面に密着しています。バウンスを活かしにくい状態です。

 

【スイングに与える影響】

●左肘を引きやすくなる

左に飛びやすくなるので、それを回避しようとフェースをスクエアに戻すため左肘を引きやすくなります。

 

●手首をこねやすくなる

球が上がりにくくなるので、手首をこねて球を上げようとしやすくなります。

 

このように、アドレス時のフェースの向きは、結果だけでなくスイングにも影響を与えます。

よって、イメージ通りのスイングに近づけるためには、フェースの向きのチェックを欠かさないようにしましょう。

ではまた(^^)

 

 

 

投稿したコーチ taru

taru
【レッスン施設】ヴィクトリアゴルフスクール五反田店【ライセンス】日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格【得意クラブ】SW【好きなゴルフ場】霞ヶ関カンツリー

Check Also

高麗グリーン攻略

今回は大本が担当します。 今週 …

ゴルフトゥデイ

今回は大本が担当します。 マス …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です