Home » ゴルフレッスン » アドレス時のフェースの向き

アドレス時のフェースの向き

こんにちは、3回目の東京マラソンを走り終え、「次は横浜かな」なんてたくらんでいる樽谷です。

さて、今回はアドレス時のフェースの向きです。
フェースの向きをスクエア(まっすぐ)に構える事は以外に難しいです。
オープン(右向き)やクローズ(左向き)になってしまいやすいのです。
最初はスクエアに構えられていても、ボールの飛び方などによって知らず知らずの内にオープンやクローズになりやすいのです。
では、ウェッジでスクエアな状態とはどういう状態かを説明したいと思います。
下記の写真を見て下さい。
スコアラインが目標を向いています。
この状態を後方から見てみましょう。
少し左を向いている事がわかります。
では次の写真はどうでしょうか。
スコアラインがやや右を向いています。
この状態を後方から見てみましょう。
分かりにくいですが、フェースに付いている棒と白いスティックが重なっています。
すなわちまっすぐ向いているということです。
つまり、スコアラインがやや右を向いている状態がフェースの向きがスクエアといえます。
このスクエアな状態をどのように作ればよいかというと、
下記の写真のように指にもたれかけるようにクラブをセットしてみてください。
ライ角(クラブヘッドと底とシャフトの角度)通りにセットすると少しスコアラインが右を向いた状態になるはずです。それがスクエアな状態です。
どうですか? 皆さんのウェッジのアドレス時フェースの向きはスクエアですか? チェックしてみてください。
傾向的にはスコアラインが左を向いて構える人が多いです。
次回はフェースが左を向いた状態で構えた時にどのような事が起こるか、についてコメントしたいと思います。
ではまた(^^)

投稿したコーチ taru

taru
【レッスン施設】ヴィクトリアゴルフスクール五反田店【ライセンス】日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ資格【得意クラブ】SW【好きなゴルフ場】霞ヶ関カンツリー

Check Also

(インテンショナル)スライスボール

こんにちは、樽谷です。先だって …

カラーやグリーンエッジで使用するクラブ

こんにちは、今回は樽谷が担当さ …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です